レビトラでED治療

この画面は、簡易表示です

admin

レトビラの個人輸入

レビトラは、日本では医師の処方箋なしでは購入することはできません。薬局やドラッグストアで気軽に買える薬ではなく、必ず医師の処方箋が必要です。海外では日本の法律が適用されないため、処方箋なしでも購入できます。近年では化粧品や家具、美容機器などを個人輸入で購入する人が増えていますが、医療関連の製品でも購入が可能です。ただし、Amazonや楽天などの通販では買うことはできないため、処方箋なしでレビトラを購入するには、医薬品の個人輸入を代行してくれる通販サイトに頼ることになります。

個人輸入代行業者は数多くあり、利用する人も増えており、徐々に定着しつつあります。個人で医薬品を輸入しようと思うと、たとえば言葉の問題もありますし、輸入の手続きや商品到着までに発生するトラブルにも対応は困難です。個人輸入代行業者は、こういったすべてを対応してくれます。近年では個人輸入によりレビトラを手に入れている人も多くいて、そのほとんどが手続きを輸入代行業者に任せています。余計な手間をかけずに、通院の手間も省くためには、個人輸入代行業者は非常に便利な方法と言えます。

個人輸入業者を利用してレビトラを入手することは法律上はまったく問題ありません。違法性はなく、安心して利用することができます。ただし、合法であることは確かですが、気を付けるべき点があります。それは転売を行ってはならないということです。譲渡も禁止です。あくまで個人で購入したものであって、個人の利用に限るという点に注意してください。また、個人輸入業者には偽物や粗悪品を送りつけるところもあって、トラブルも多発しています。しっかりとサイトなどを見て、正規品を取り扱っているかどうか、また正規の販売ルートで入荷しているかどうかを充分注意しましょう。個人輸入の大きなメリットは、通院する手間が必要ないことと、安く入手できる点にあります。価格は、処方箋で購入するよりも3割程度安くなります。業者がしっかりしているかどうか見極めて購入しましょう。



レトビラを使用しているときの食事制限は?

レビトラの大きな特長として、食事をしてもその影響を受けにくいという点があります。バイアグラは、空腹時に服用しないと効果を感じられるまでの時間が長くかかったり、効き目自体が半減したりすることがありますが、レトビラはそういった影響を受けにくいというメリットがあります。基本的に食前でも食後でも、いつ飲んでも構わないというのがレビトラの長所です。レビトラは他のED治療薬に比較して水溶性が高く、素早く体内に吸収されるため、食事の影響を受けにくい性質があります。

レビトラを服用するうえで気を付けたいのが、暴飲・暴食です。あまりお腹がいっぱいの状態では効き目が薄れます。そのため、腹7分目くらい、通常の食事よりやや軽めの食事をする方がいいでしょう。また、食事の内容もほとんど問いません。通常の食事を楽しんでから服用して大丈夫です。ただし、あまり脂質の高いメニューは避けた方がいいでしょう。脂分の多い食事をお腹いっぱい食べた後はどうしても消化が悪くなります。レビトラは水溶性が高いことが特徴ですが、それでも脂分の消化に胃液が費やされている状態では、吸収が悪くなります。レビトラを飲むときには、薬の効果が失われないよう、念のために脂っこいものやこってりしたものを避ける方が無難でしょう。脂質の低いあっさりした食事の方が、効果を引き出せます。

レビトラは水に溶けやすいのが特徴で、個人差はあるものの早い人で10分程度で効果が現れます。たとえばパートナーとの性行為にのぞむ際には、食事をしてから2時間以上経って、ベッドに入る直前に服用する方法がいいでしょう。空腹時に使用したレビトラは早く効き目が出ますし、効果も最低4時間持続します。パートナーを充分に喜ばせることが可能です。普段なら1回で終わってしまう行為も2回、3回と可能になります。レビトラそのものには性的興奮を得るための成分は含まれていないので、性的興奮はパートナーに与えてもらいましょう。



レトビラの副作用

レビトラは勃起不全の人の悩みを解消するためのED治療薬で、性的な刺激や興奮を得ることによって勃起するペニスを助けて、性行為を順調に行うことを可能にした薬です。個人差はありますが、性行為の1時間ほど前に水などで服用します。

レビトラは従来のED治療薬に比較して、副作用が抑えめであることに特長があります。人それぞれに程度の差はありますが、副作用として発症しがちなのが目の充血や顔のほてりがあります。レビトラは血管を拡張する働きがあるため、このような症状が出ることがあります。気にならない程度であれば、むしろレビトラの成分が体内に吸収されて効き目が現れていると考えましょう。過度に心配する必要はありません。血管が拡張されることによる副作用として想定されるのは動悸や頭痛などがあります。人によっては我慢できないくらいに痛むなどのケースが考えられます。そういった際には医師に受診するようにしましょう。また、鼻づまりや光に敏感になるなどの症状が見られることがあります。こういった症状は、基本的に4時間から6時間ほどで治まります。もし回復しない場合には、病院に行きましょう。本来的にはレビトラには命にかかわるような重篤な副作用を起こす成分は配合されていません。ただし、個人輸入などで入手したレビトラには、健康を害する成分が含まれていることがあります。

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、満腹状態で服用すると充分な効果が得られないことがあります。食後2時間ほど時間をあけてから服用した方が効果的です。また、レビトラそのものには、性的興奮を高める作用はありません。あくまで勃起不全の改善のための薬です。服用したら、必ず勃起するというわけではなく、性的に興奮させるものがないと勃起は得られません。また、硝酸剤や抗不整脈薬、抗真菌薬、HIV治療薬などとレビトラは併用禁忌です。併用してしまうと、重篤な副作用を起こすことがあります。注意しましょう。



レビトラの併用上の注意

レビトラは、ドイツのバイエル製薬が開発したED治療薬です。先発のED治療薬であるバイアグラに比較して即効性があることや、薬効の持続時間が長いというメリットがあります。使用には必ず医師の処方箋が必要です。ED治療を専門とする医療機関やクリニックに受診したうえで処方箋をもらって入手するようにしましょう。

レビトラの服用方法は1日に1回とし、服用には24時間以上の間隔を空ける必要があります。服用は性行為の約1時間前が適切です。用量については5mgをはじめとした3種類があり、これは医師の判断によって処方されます。肝臓の悪い人、また高齢の人については医師の指示に従って用法と用量を守って服用するようにしましょう。指示された用量では満足できる効果が現れない場合や、副作用の可能性がある場合には、必ず医師や薬剤師に相談してください。自身の判断で服用の量を増やすのは危険です。性行為は心臓に負担をかけますので、無理をしないように注意しましょう。実際、心臓の血管に障害のある人や、不整脈のある人、硝酸剤の処方を受けている人にはレビトラは処方されません。血液透析を受けている重篤な腎障害の人や低血圧症、高血圧症の人にもレビトラは処方しないことになっています。

レビトラを服用した後に狭心症の発作が出ることがまれにあります。狭心症は、急激な胸の痛みや圧迫感を感じるという発作が出ます。胸の奥が痛むと感じたり、胸の締め付けや押さえつけられるような痛みなどを感じるのは狭心症の発作です。背中やのどの痛み、左肩から腕にかけてのしびれを感じることもあります。糖尿病の患者は症状を軽く感じがちな傾向があるため、注意が必要です。もし狭心症の発作が出た場合には、その場で安静にしてただちに医師の治療を受けてください。発作の治療をする医師に対してレビトラを使用中であることと、服用した時間は必ず伝える必要があります。狭心症であるとの診断を今までされたことがない人でも、狭心症の発作が性行為をしている時に起こる場合があります。発作が起きたときには、それを伝えることができない場合もあります。あらかじめパートナーにはレビトラを服用していることを伝えておきましょう。



レビトラが処方できない場合

レビトラだけでなく、ED治療薬全般に言えることですが、硝酸剤とレビトラは併用禁忌薬とされています。硝酸剤は、高血圧症や心筋梗塞などの生活習慣病の治療薬として用いられることの多い薬です。レビトラは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを阻害することで、血管平滑筋で一酸化窒素の弛緩反応を増強する薬です。そのため、血圧が低下することになります。高血圧症などで服用される硝酸剤を使用している人がレビトラを服用すると、急激な血圧低下を招いて、最悪の場合死に至るおそれがあります。そのため、硝酸剤とレビトラは併用禁忌とされています。硝酸剤には飲み薬だけでなく、貼り薬や吸入薬、塗り薬など様々なタイプがあります。こういった薬を処方されている人は、医師の診断を受けて、もし禁忌にあたるのであれば使用を断念してください。

このほか、心臓系の疾患のある人の一部にはレビトラは処方されません。HIV治療薬や、内服の抗真菌薬などとの併用も禁忌とされています。レビトラによって血中濃度の上昇が過度の場合、心臓や血管への負担が高まるため、副作用が強く出るケースが考えられます。低血圧症、高血圧症、また不安定性狭心症の方には処方されないことがあります。性行為は血圧、心拍数を増加させます。勃起不全の治療を始める前には、脳や心血管系に異常がないかどうか判断する必要があります。脳や心血管系の状態によって性行為自体が不適用と考えられる場合には、レビトラは処方されません。

一部の肝臓疾患でも、レビトラの使用が禁忌となることがあります。肝臓のクリアランス能力の低下を招く危険性があるためです。血液透析が必要なほどの重度の肝障害のある患者では、レビトラは併用禁忌です。また、網膜色素変性症でもレビトラは処方されません。レビトラはPDE5阻害剤ですが、若干のPDE6の阻害作用も臨床実験で明らかになっています。網膜疾患ではPDE6を阻害してはならないため、禁忌として設定されています。




top