レビトラでED治療

この画面は、簡易表示です

admin

レビトラが処方できない場合

レビトラだけでなく、ED治療薬全般に言えることですが、硝酸剤とレビトラは併用禁忌薬とされています。硝酸剤は、高血圧症や心筋梗塞などの生活習慣病の治療薬として用いられることの多い薬です。レビトラは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)の働きを阻害することで、血管平滑筋で一酸化窒素の弛緩反応を増強する薬です。そのため、血圧が低下することになります。高血圧症などで服用される硝酸剤を使用している人がレビトラを服用すると、急激な血圧低下を招いて、最悪の場合死に至るおそれがあります。そのため、硝酸剤とレビトラは併用禁忌とされています。硝酸剤には飲み薬だけでなく、貼り薬や吸入薬、塗り薬など様々なタイプがあります。こういった薬を処方されている人は、医師の診断を受けて、もし禁忌にあたるのであれば使用を断念してください。

このほか、心臓系の疾患のある人の一部にはレビトラは処方されません。HIV治療薬や、内服の抗真菌薬などとの併用も禁忌とされています。レビトラによって血中濃度の上昇が過度の場合、心臓や血管への負担が高まるため、副作用が強く出るケースが考えられます。低血圧症、高血圧症、また不安定性狭心症の方には処方されないことがあります。性行為は血圧、心拍数を増加させます。勃起不全の治療を始める前には、脳や心血管系に異常がないかどうか判断する必要があります。脳や心血管系の状態によって性行為自体が不適用と考えられる場合には、レビトラは処方されません。

一部の肝臓疾患でも、レビトラの使用が禁忌となることがあります。肝臓のクリアランス能力の低下を招く危険性があるためです。血液透析が必要なほどの重度の肝障害のある患者では、レビトラは併用禁忌です。また、網膜色素変性症でもレビトラは処方されません。レビトラはPDE5阻害剤ですが、若干のPDE6の阻害作用も臨床実験で明らかになっています。網膜疾患ではPDE6を阻害してはならないため、禁忌として設定されています。



レビトラと他のED治療薬との違い

レビトラとバイアグラでは、作用の持続時間や即効性、食事への影響などが違っています。勃起の強さや副作用、価格面でも違いがあります。たとえば作用の持続時間は個人差があるものの、バイアグラ50mgでは約3時間、レビトラ20mgでは8時間から10時間ほどです。性行為の時間を気にして服用する必要がないため、精神的に楽になるというメリットがありますし、1回の服用で長時間楽しみたいという人にもレビトラの方が向いています。勃起の強さでも、レビトラ20mgはバイアグラ100mgに相当します。

ED治療薬で重視されることに、効き目が表れるまでの時間があります。どの程度の時間で薬効が現れるかによって、服用のタイミングを計る必要があります。レビトラは性行為の10分から1時間前の服用で効能が現れます。一方バイアグラは性行為の1時間前には服用しなければいけないケースがあります。急に性交渉のチャンスが来ても、バイアグラの場合には1時間後まで待たなければならないのに対し、レビトラであれば10分程度で効果が出ます。これには個人差がありますが、一般的にはレビトラの方が即効性という点で優れているでしょう。

食事の影響に関しては、ED治療薬は基本的に空腹時の服用が推奨されています。この点ではレビトラもバイアグラにも違いはありませんが、レビトラの方が食事の影響を受けにくいという特徴があります。食べ過ぎに注意した方がいいという程度です。バイアグラはレビトラに比較して、食事の影響が強く出ます。できるだけ空腹時に服用する必要があります。副作用として、ED治療薬は頭痛や動悸、鼻づまりなどの症状が出ることがあります。ED治療薬には血管拡張作用があるためです。副作用は、レビトラの方がバイアグラに比較して若干抑えられています。また、バイアグラには視界が青く見える青視症という副作用が出るケースもあります。レビトラは後発薬であるため、こういったED治療薬の反省をふまえて開発されています。



レビトラの有効成分・バルデナフィルの特徴

ED治療薬のレトビラの主成分はバルデナフィルです。バルデナフィルには血液の流れを良くする効能があり、海綿体に血液を流し込むことでペニスを硬くして勃起を持続させる効果を生みます。性行為を成功させるには、まずペニスが硬く勃起することが重要です。勃起は、性的な興奮を得えうことによって起こりますが、血流が悪いと満足な硬さは得られません。バルデナフィルは、ペニス周囲に流れている血流を良くして、服用した人が本来持っている勃起力を発揮させるための薬です。

バルデナフィルの大きな特徴は水溶性の高さです。水に溶けやすく、体内への吸収が早いというのがバルデナフィルの特長です。即効性があって、早い人で飲んで15分ほどで効果が発現します。この点では、バイアグラやタダラフィル配合のシアリスに比較して大きな違いがあります。吸収性に優れていて、食事からの影響を受けにくいという点もメリットです。バイアグラでは空腹時の服用が推奨されていますが。レトビラの場合には必ずしも空腹時でなくても効果が期待できます。また、一般的に少ない量で大きな効果を持つという点もバイアグラと比較してメリットでしょう。バイアグラの一般的な用量はシルデナフィルが50mgですが、レビトラはバルデナフィルが10mgが通常です。シルデナフィル50mgの効果は、レビトラ10mgを服用したのと同等となるため、レビトラはバイアグラのわずか1/5程度で充分な効果が得られるということになります。用量が少ないため、錠剤の大きさに違いが出てきます。レビトラの方が錠剤のサイズが小さいため、飲みやすいという長所があります。

また、バイアグラは国内では50mgまでの用量で認可されています。効果の持続時間は4時間から5時間ほどです。一方、レビトラは20mgまで服用可能とされていますので、最大で8時間という長い持続効果があります。効き目が長い方が、タイミングを気にしすぎる必要ことなう服用でき、性行為でのプレッシャーも低くなりますし、性行為の時間も長くすることが可能です。



レビトラとはどういう薬か

レビトラはバイアグラに次いで、ED治療薬として公的に認可された薬です。開発したのは、アスピリンで知られているドイツのバイエル薬品です。見た目はオレンジ色の円形ですが、中身は白い錠剤です。薬価基準未収載の薬であるため、どの医療機関でも保険適用外となり、診察から処方箋、薬代まですべて自己負担です。

日本ではバイアグラの発売が開始されてから2年後の2001年12月に厚生労働省に承認申請が行われ、製造販売が許可されたのは2004年4月になります。発売当初は、俳優の草刈正雄さんを起用したEDの疾患啓蒙を目的としたCMが全国に放送されたことで知られるようになります。レビトラには薬剤の箱や冊子に炎のマークが付けられています。これはバイエル薬品が「こすればすぐに着火する」「素早く効く」ことをアピールする意味合いが込められています。

レビトラの有効成分はバルデナフィルです。レビトラ20mgと表示されている場合、バルデナフィル塩酸塩水和物23.705mgのうちバルデナフィルを20mg含有しているということになります。バデナフィル塩酸塩水和物は、エタノールや水に溶けやすい性質を持っています。他のED治療薬であるバイアグラのシアリスに比較しても最も水溶性が高いのがレビトラです。最高血中濃度に達する時間は約40分で、ED治療薬では、最も早く効果が現れるという特徴があります。

レビトラの主要な働きは、勃起を継続させるために必要なサイクリックグアノシン一リン酸という物質を壊すPDE5を抑制することにあります。そのため、レビトラを服用すれば、すなわち勃起するというわけではありません。性的な刺激を感じて性的な興奮状態となった後に勃起した場合に、それを補助してくれるということです。サイクリックグアノシン一リン酸は血管を拡張させる物質ですが、この酸をPDE5という酵素が壊すと、海綿体の血管収縮により勃起の持続がなくなります。レビトラはPDE5の働きを阻害することで、海綿体の血管の収縮を防ぎます。あくまで性的な刺激があることが前提です。




top