今、女性用ロゲインが注目されています

女性にも増えている薄毛症状に効果的
AGA(男性型脱毛症)対策として利用されているミノキシジルですが、実は女性の薄毛対策でも有効です。そして世界中の薄毛に悩む女性が、進んでミノキシジル系育毛剤・ロゲインを使用しているシーンが見られます。ただし女性用ロゲインはミノキシジル2%配合と、男性用の5%からすると効力を低めている点が特徴的で、副作用の出やすい女性の体質を十分に考慮した設定になっているのです。特に頭痛やめまいを起こしやすい女性には有難い成分配合率だと言えるでしょう。一般的に女性は生理等でホルモンバランスが狂いやすく、低体温の症状も珍しくありません。つまり血行が良くない方が多いために、男性ホルモンの分泌が低い方でも脱毛が起こります。そこでロゲインで血行促進させて、頭皮に十分血液を運ぶ事は有効です。こうして頭皮全体に栄養が運ばれて、老廃物も排除されれば、肌機能は活性力を取り戻して毛母細胞分裂が活性化します。これが発毛効果・育毛効果に直結するのです。

女性用ロゲインは、薄毛の部分だけに塗って発毛できます
この効果は何も頭皮だけに留まりません。血流が改善する事で髪の毛の発育も促進されます。そのために皮脂がしっかりと髪全体に行きわたり、キューティクルも回復していき、艶やかなしっとりヘアーが手に入るのです。そして女性ロゲインも塗るタイプですので、服用タイプのミノ・タブのように体全体の体毛が濃くなってしまう心配がありません。薄毛になっている部分を狙って育毛剤を塗る事ができます。すると塗った部分だけの毛細血管が拡張して、毛母細胞が活性化します。効果の発現はタブレットよりも遅いものの、確実にピンポイントでの発毛・育毛がコントロールできる点も大きなメリットでしょう。ただし、血行不良を主な理由としている薄毛症状には有効ですが、いわゆるFAGA(女性男性型脱毛症)の人には、5αリダクターゼ対策も必要となるかもしれません。つまりaga治療と同じ様にプロペシアを併用すると良いケースもあり、その場合はagaクリニックへ行って相談すると良いでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です