レトビラの保管方法

レビトラを個人輸入で何箱もまとめ買いした場合などに保管をどうすべきかという問題が起きます。思った以上に効き目が良く、明らかに買い過ぎでしまっていたということも珍しくありません。レビトラは薬局で販売されている市販薬と同様に日光の当たらず、湿気の少ない場所であれば、常温で保管しても問題はありません。光や温度、湿度によって効果が落ちるという点では、他の風邪薬などの錠剤と変わることはありません。

レビトラは処方されてから約2年が使用期限です。それを過ぎたら、もったいないなどと考えず捨ててしまいましょう。よくある勘違いに、冷蔵庫で保管したら少しくらい使用期限が過ぎても使用が可能というのがありますが、実際には関係ありません。冷蔵庫であっても薬箱であろうと、2年を過ぎたレビトラは使用しないようにしましょう。未開封で2年程度が使用限度で、空気に触れてしまった錠剤は、ラップなどに包んだ状態で保管して1週間くらいを使用期限としましょう。レビトラは湿気に非常に弱い薬です。できれば密閉した状態で保管し、なるべく期限内に使い切ってしまうように心がけましょう。

薬の保管で勘違いされる冷蔵庫での保管ですが、これは市販薬のパッケージなどに保存の際には冷暗所で保存と記載されていることから生まれるものと考えられます。冷暗所とは、常に15度から25度以下で、太陽光線の当たらない場所のことで、決して冷やして保管することではありません。まとめ買いした薬やサプリメントを食べ物と同様に、冷蔵庫で保管すると長持ちすると考えがちですが、まったくの間違いです。冷蔵庫は温度や湿度が低い環境であるため、酸化などの化学反応が進まず、劣化しにくくなりますが、薬の場合には、冷蔵庫に入れると服用の際取り出しすと温度差が激しくなり、その結果結露しやすい状態になるとう問題が生じます。レビトラは水溶性が高いため、逆に言うと湿気に弱いという弱点があります。冷蔵庫で保管するのではなく、薬箱や密閉容器に入れて、光の当たらない場所に保管しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です