レトビラを使用しているときの食事制限は?

レビトラの大きな特長として、食事をしてもその影響を受けにくいという点があります。バイアグラは、空腹時に服用しないと効果を感じられるまでの時間が長くかかったり、効き目自体が半減したりすることがありますが、レトビラはそういった影響を受けにくいというメリットがあります。基本的に食前でも食後でも、いつ飲んでも構わないというのがレビトラの長所です。レビトラは他のED治療薬に比較して水溶性が高く、素早く体内に吸収されるため、食事の影響を受けにくい性質があります。

レビトラを服用するうえで気を付けたいのが、暴飲・暴食です。あまりお腹がいっぱいの状態では効き目が薄れます。そのため、腹7分目くらい、通常の食事よりやや軽めの食事をする方がいいでしょう。また、食事の内容もほとんど問いません。通常の食事を楽しんでから服用して大丈夫です。ただし、あまり脂質の高いメニューは避けた方がいいでしょう。脂分の多い食事をお腹いっぱい食べた後はどうしても消化が悪くなります。レビトラは水溶性が高いことが特徴ですが、それでも脂分の消化に胃液が費やされている状態では、吸収が悪くなります。レビトラを飲むときには、薬の効果が失われないよう、念のために脂っこいものやこってりしたものを避ける方が無難でしょう。脂質の低いあっさりした食事の方が、効果を引き出せます。

レビトラは水に溶けやすいのが特徴で、個人差はあるものの早い人で10分程度で効果が現れます。たとえばパートナーとの性行為にのぞむ際には、食事をしてから2時間以上経って、ベッドに入る直前に服用する方法がいいでしょう。空腹時に使用したレビトラは早く効き目が出ますし、効果も最低4時間持続します。パートナーを充分に喜ばせることが可能です。普段なら1回で終わってしまう行為も2回、3回と可能になります。レビトラそのものには性的興奮を得るための成分は含まれていないので、性的興奮はパートナーに与えてもらいましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です