レトビラの副作用

レビトラは勃起不全の人の悩みを解消するためのED治療薬で、性的な刺激や興奮を得ることによって勃起するペニスを助けて、性行為を順調に行うことを可能にした薬です。個人差はありますが、性行為の1時間ほど前に水などで服用します。

レビトラは従来のED治療薬に比較して、副作用が抑えめであることに特長があります。人それぞれに程度の差はありますが、副作用として発症しがちなのが目の充血や顔のほてりがあります。レビトラは血管を拡張する働きがあるため、このような症状が出ることがあります。気にならない程度であれば、むしろレビトラの成分が体内に吸収されて効き目が現れていると考えましょう。過度に心配する必要はありません。血管が拡張されることによる副作用として想定されるのは動悸や頭痛などがあります。人によっては我慢できないくらいに痛むなどのケースが考えられます。そういった際には医師に受診するようにしましょう。また、鼻づまりや光に敏感になるなどの症状が見られることがあります。こういった症状は、基本的に4時間から6時間ほどで治まります。もし回復しない場合には、病院に行きましょう。本来的にはレビトラには命にかかわるような重篤な副作用を起こす成分は配合されていません。ただし、個人輸入などで入手したレビトラには、健康を害する成分が含まれていることがあります。

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、満腹状態で服用すると充分な効果が得られないことがあります。食後2時間ほど時間をあけてから服用した方が効果的です。また、レビトラそのものには、性的興奮を高める作用はありません。あくまで勃起不全の改善のための薬です。服用したら、必ず勃起するというわけではなく、性的に興奮させるものがないと勃起は得られません。また、硝酸剤や抗不整脈薬、抗真菌薬、HIV治療薬などとレビトラは併用禁忌です。併用してしまうと、重篤な副作用を起こすことがあります。注意しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です