レビトラでED治療

この画面は、簡易表示です

2016 / 4月

レビトラと他のED治療薬との違い

レビトラとバイアグラでは、作用の持続時間や即効性、食事への影響などが違っています。勃起の強さや副作用、価格面でも違いがあります。たとえば作用の持続時間は個人差があるものの、バイアグラ50mgでは約3時間、レビトラ20mgでは8時間から10時間ほどです。性行為の時間を気にして服用する必要がないため、精神的に楽になるというメリットがありますし、1回の服用で長時間楽しみたいという人にもレビトラの方が向いています。勃起の強さでも、レビトラ20mgはバイアグラ100mgに相当します。

ED治療薬で重視されることに、効き目が表れるまでの時間があります。どの程度の時間で薬効が現れるかによって、服用のタイミングを計る必要があります。レビトラは性行為の10分から1時間前の服用で効能が現れます。一方バイアグラは性行為の1時間前には服用しなければいけないケースがあります。急に性交渉のチャンスが来ても、バイアグラの場合には1時間後まで待たなければならないのに対し、レビトラであれば10分程度で効果が出ます。これには個人差がありますが、一般的にはレビトラの方が即効性という点で優れているでしょう。

食事の影響に関しては、ED治療薬は基本的に空腹時の服用が推奨されています。この点ではレビトラもバイアグラにも違いはありませんが、レビトラの方が食事の影響を受けにくいという特徴があります。食べ過ぎに注意した方がいいという程度です。バイアグラはレビトラに比較して、食事の影響が強く出ます。できるだけ空腹時に服用する必要があります。副作用として、ED治療薬は頭痛や動悸、鼻づまりなどの症状が出ることがあります。ED治療薬には血管拡張作用があるためです。副作用は、レビトラの方がバイアグラに比較して若干抑えられています。また、バイアグラには視界が青く見える青視症という副作用が出るケースもあります。レビトラは後発薬であるため、こういったED治療薬の反省をふまえて開発されています。




top