レビトラの有効成分・バルデナフィルの特徴

ED治療薬のレトビラの主成分はバルデナフィルです。バルデナフィルには血液の流れを良くする効能があり、海綿体に血液を流し込むことでペニスを硬くして勃起を持続させる効果を生みます。性行為を成功させるには、まずペニスが硬く勃起することが重要です。勃起は、性的な興奮を得えうことによって起こりますが、血流が悪いと満足な硬さは得られません。バルデナフィルは、ペニス周囲に流れている血流を良くして、服用した人が本来持っている勃起力を発揮させるための薬です。

バルデナフィルの大きな特徴は水溶性の高さです。水に溶けやすく、体内への吸収が早いというのがバルデナフィルの特長です。即効性があって、早い人で飲んで15分ほどで効果が発現します。この点では、バイアグラやタダラフィル配合のシアリスに比較して大きな違いがあります。吸収性に優れていて、食事からの影響を受けにくいという点もメリットです。バイアグラでは空腹時の服用が推奨されていますが。レトビラの場合には必ずしも空腹時でなくても効果が期待できます。また、一般的に少ない量で大きな効果を持つという点もバイアグラと比較してメリットでしょう。バイアグラの一般的な用量はシルデナフィルが50mgですが、レビトラはバルデナフィルが10mgが通常です。シルデナフィル50mgの効果は、レビトラ10mgを服用したのと同等となるため、レビトラはバイアグラのわずか1/5程度で充分な効果が得られるということになります。用量が少ないため、錠剤の大きさに違いが出てきます。レビトラの方が錠剤のサイズが小さいため、飲みやすいという長所があります。

また、バイアグラは国内では50mgまでの用量で認可されています。効果の持続時間は4時間から5時間ほどです。一方、レビトラは20mgまで服用可能とされていますので、最大で8時間という長い持続効果があります。効き目が長い方が、タイミングを気にしすぎる必要ことなう服用でき、性行為でのプレッシャーも低くなりますし、性行為の時間も長くすることが可能です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です